thought代表の想い

contents01会社ができるまでの想い

会社ができるまでの想い

「いつか」ではなくゴールを定め、
一歩を踏み出す

「10年たったら社長になる」
18歳で働き始め、一番最初に掲げた夢でした。
瓦屋として働き始め、とにかく仕事をしたい・働きたいと考える中、
雨で仕事が中断されてしまい、自分の力を発揮できない事に疑問を抱き始めたんです。
とにかく、自分の力で独立すること、建設に関わる仕事を思いっきりやりたい。
模索しながらも、オリジナルデザインの提案・カスタマイズなど
自分にしかできない、建設のかたちを徐々に輪郭化。
ちょうど10年後、その夢を叶えることができました。

contents02言葉と礼儀への想い

言葉と礼儀への想い

言葉の持つ力を信じて、
実際に行動することの大切さ

私たちが日常、当たり前のように使う言葉。
気軽に発することができますが、どれほど影響力があるか、社員のみんなにも理解してほしいです。
言葉の使い方・動かし方で人の気持ちは大きく変わり、心の込もった想いは相手にも必ず伝わります。
私自身、社員にも礼儀と言葉遣いを丁寧にするよう心がけています。
「ありがとうございます」という感謝の言葉、
「よろしくお願いいたします」という礼儀の言葉を常に素直に言えるような人間であるように…と考えています。

contents03夢をもつ大切さへの想い

夢をもつ大切さへの想い

「夢」は見るだけじゃなく叶えるために。

「どんな夢がある?」
私は必ず、この質問をします。
資格をとりたい、良い車が欲しい、どんな夢でもいいんです。
どうしたらその夢が叶えられるか、正しい答えは決まっていません。
様々な道のりを乗り越えて叶えることができるのです。
夢というのは目標を持つこと。目標がある人間は自主性と考える力が生まれます。
夢は常に自分の近くに見えている状態。
それを掴むのは自分次第なんです。

contents04社員みんなへ、そしてこれからへの想い

社員みんなへ、そしてこれからへの想い

「聞く・考える・伝える・行動にうつす」

解体業をベースとした我が社だからできることは何か?まずは自分で考えることが大切です。
社員のみんなには、考えたことをなんでも私に話してほしい。
常にフラットに話ができる状態でいたいですね。
お客様の意見をしっかり聞き、会社全体で考えること、それにより想像以上の仕上がり・アフターフォローを提供してきました。
「この会社に頼んで良かった。この人に頼んでよかった。」と、ご満足いただきたい。かつ、次へ繋がっていくために、現場で働いている社員全員の、キャリアアップを考えています。
職人ひとりひとりが技術と知識の幅を広げることにより、会社全体、ひいては今後の建設業界へ貢献ができるはず。
これからも選ばれ続ける会社であるよう、奮闘してまいります。

pagetop